logo-kenford icn-cart icn-link icn-map

CONTENTS

ピックアップ

革靴のお手入れ~シューケアのポイント

靴は、とてもデリケートなパーツの集合体。素材の一つひとつのコンディションが良いときに、はじめてその素晴らしい機能を発揮します。それだけに、日ごろのお手入れがとても大切です。

STEP1.ブラシ(馬毛)で汚れを落とす

前から後へとブラシ(馬毛)をかけて全体の汚れを落とします。縫い目やシワ、甲革とコバの境目等の細かいところも入念に。また意外と目立ちやすいヒール部分も、しっかりとブラッシングしましょう。

STEP2.クリーナーを塗る

クリーナーをクロスにとり、全体に薄く伸ばすように塗ってください。拭きとるときには、落とした汚れを再び靴につけないように、なるべくクロスのきれいな部分で拭きとるように心がけてください。

STEP3.クリームを塗る

汚れを落とした後、同系色のシュークリーム(乳化性)を薄く伸ばしながらムラなく塗ります。シュークリーム(乳化性)は、革に潤いを与え、ひび割れを防ぐとともに美しい光沢を出します。
あまり多量に塗ったり、直接、靴に塗ると、シミ等を作る原因となるので注意してください。

STEP4.全体を磨く

全体にシュークリーム(乳化性)を塗ったら靴の表面をブラッシング(豚毛)して余分なクリームを落とします。その後、クロスで軽く磨いてください。しだいに光沢が出てきます。コバ等の細かいところや、ベロ(舌革)の部分も忘れずに。

さらに光沢を出したい場合

STEP4+α.光沢を出す

さらに光沢を出したい部分には、シューポリッシュ(油性)をクロスに少量とって、小さな円を描くように薄く伸ばしてください。ここで水をほんの一滴落として、ゆっくりと水を広げるように磨くと、より美しい光沢が出せます。

STEP4+α.仕上げ磨き

最後にもう一度、全体を丹念に磨いてください。ナイロンストッキング等で磨くといっそう光沢が増します。

STEP5.撥水スプレー

汚れの付着を防ぎ、撥水効果のある撥水スプレーを掛けます。
必ず屋外等、換気のよいところでご使用下さい。

STEP6.保管

お手入れや保管の際は、シューツリーを入れて靴を休ませましょう。木製のシューツリーは湿気をよく吸収し、型くずれを防いで靴を長持ちさせます。

一覧に戻る